特集作家

  • HOME >
  • 特集作家

磯野舞衣子さん

一目惚れしてもらえるbag

バッグ作家の磯野舞衣子さんに作家としてどのようなことを考え、作るのか語っていただきました。

一目惚れしてもらえるbag

出会った瞬間に「この子しかいない!」と、感じてもらえるようなbag創りを目指しています

レース、ボタン、リボンなどのあしらいのアイテムと、生地自体にもちょっと”ひねり”を加えて。ビビットカラーな色合いをちりばめて、かわいい物が大好きなかたに向けたデザインバッグにしています。

デザイン考案のときから思考錯誤を繰り返して、制作段階でも調整をしながらギリギリまでねばって、1本創るのにスゴク集中力を使ってしまって、でも出来上がったときもとても大きな達成感があります。

ショップにならんでいる自分のバッグを見て、”かわいい!”と盛り上がっているお客さんを見ると次ももっともっと頑張ろう!!とすごく励まされる気持ちになります。

今は「かわいい」を基準に作っていますが、今後はもう1つ「きれい」のラインでパーティーbagや少しフォーマルなデザインも企画していこうと思ってます。

みんなが”一目惚れ”するような作品創りを目指していきます♪

今年の秋冬シーズンにむけたデザインの制作中。

あまり時間はないけれど、展示会にむけて大切なディテールはしっかりと手間をかけて丁寧に創りあげていきます。

完成図を考えながらつくるこの瞬間が制作作業の一番楽しい時間です。

奧のバッグはデザイン性が高く、表現する作品として制作したもの。
手前のバッグは日常的に使うことができる実用的なデザインに。
作品展や展示販売会では使いやすさを重視したパターンと、 生地や付属パーツで『little crown』の表情を創りだしています。

作品紹介

■プロフィール

磯野舞衣子(Isono Maiko)

現在はバッグ作家として、年に数回、展覧会でバッグを販売している。 一目見たときに全てが伝わるような、新鮮な印象を与えるデザインを心がけている。 発想するデザイン企画と、実際に形にできる制作技術を少しずつ高めていき、 より自分らしく、そしてお客様にも喜んでもらえるバッグづくりを目指して行きます。

 

  • ページの先頭へ戻る