作家の物づくり風景

  • HOME >
  • 作家の物づくり風景

かばんづくりのある幸せな毎日

あなたもなれますバッグ作家

バッグアーティストガーデンのバッグ作家は、もともとは素人さんという方ばかり。「ものづくりをもっと楽しみたい」「いろんな人に自分の作品を見てほしい」という情熱を持った方達ががんばって技術を磨き、バッグ作家として活躍しているのです。

そんな作家さん達も普段は、会社勤めをされていたり子育てをされていたりする方がほとんど。仕事や育児の合間をぬって、かばんづくりに情熱を注いでいます。みなさん「かばんづくりをしたい」という一途な想いが原動力となり、バッグ作家の夢を叶えているんです。

大変だけど……すごく楽しい!

バッグ作家は、基本的にデザイン・製造・営業のすべてを一人でこなすので、いくら時間があっても足りないくらい大変。でも、何から何まで自分の思い通りに進めることができ、徹底的にこだわれるところが、魅力でもあります。こころを込めて、時間をかけて、丁寧に創りあげた作品ができたときの感動は、言葉では表せないものです。作品を披露したときのお客様の顔を思い浮かべると、ワクワクしてきます。

作品を披露して生まれるうれしい出逢い

創りあげた作品は、バッグアーティストガーデンで展示・販売したり、さまざまなイベント・展示会に参加したり、個展を開催したりと、披露する機会はさまざま。実店舗だけでなくインターネットで展示・販売するなど、自ら多方面へ積極的に発信していけば、より多くの方に作品を見てもらえる機会が生まれます。

また、作品の披露を通して、バッグ作家同士の交流が生まれることもあり、切磋琢磨できる仲間が増えることもあります。また、自分の作品のファンになってくれるお客さんに出逢えることもあります。そんな出逢いが作家活動のよい刺激になります。

 

 

  • ページの先頭へ戻る